社員同士のラポール(信頼関係)を築く取り組みが、社員の成長につながる

お問合せ
講座申し込み

2021.07.31

  • お知らせ

社員同士のラポール(信頼関係)を築く取り組みが、社員の成長につながる

 

テレワークが急速に進み、新入社員も、入社からずっとテレワークという企業も増えてきました。1ヶ月の間に、1日も出社しないことも当たり前になってきて、働きやすくなったという方もいらっしゃるでしょう。

一方、直接顔を合わす機会が減って、社員同士の信頼関係が築きにくくなってきているのも事実です。

本日は、社員同士のラポール(信頼関係)を築くことで、社員個人の成長をサポートする。目に見えない部分の取り組みについてご紹介します。

 

1.ラポール形成とは?
2.ラポールが築かれるとどうなるの?
3.組織の中の人間関係でラポール(信頼関係)が築かれるとどうなるの?
4.社員同士のラポール(信頼関係)を築く取り組みが、社員の成長につながる
5.社員同士のラポール(信頼関係)を築く取り組みの紹介

 

 

 

1.ラポール形成とは?


「ラポール」とは、心理学の用語で、主にセラピストとクライエントの相互の信頼関係のことです。フランス語で「橋を架ける」という意味から、心が通じ合い、互いに信頼しあい、相手を受け入れていることを表します。(「ラポール形成」=「信頼関係を築くこと」という広い意味で用いられています)

 

<a href=”https://www.vecteezy.com/free-vector/bridge”>Bridge Vectors by Vecteezy</a>

 

 

 

2.ラポールが築かれるとどうなるの?


ラポール(信頼関係)が築かれている関係は、人と人の間に「橋がかかっている」状態です。

実際に川にかかる橋で考えてみましょう。
川に橋がかかっていると、人の行き来ができたり、物を運んだりすることができます。橋を渡ることが簡単なので、行き来は頻繁になります。
橋がかかってないと、人も物も運ぶことができなかったり、運ぶために船をだしたり回り道したり、一苦労なので、運ぶことをためらいがちで、行き来も少なくなります。

人と人の間も同じです。
人と人の間に「ラポール(信頼関係)」があり、橋が架かっている状態だと、行き来が頻繁になります。相手に自分の話をしてみたいと思ったり、相手の話を受け入れやすくなったりします。お互いに安心して話すことができると、新しいアイデアを思いついたり、意欲的になったり、相談がしやすくなったりするのです。

人と人の間に「ラポール(信頼関係)」がなく、橋が架かっていない状態だと、行き来が減少します。相手に自分の話はしたくないと思ったり、相手の話を受け入れにくくなります。相手の意見やアイデアに否定的になったり、ちょっとした質問や相談もしにくく感じます。「どうせ無駄だな、無理だな」という気持ちでは、意欲的にとりくむことは少なくなるでしょう。

 

 

 

3.組織の中の人間関係でラポール(信頼関係)が築かれるとどうなるの?


では、組織の中の人間関係で、ラポールが築かれると、どうなるのでしょうか?

社員同士や、上司部下の間にラポールが築かれている状態とは、お互いに安心して発言することができ、自分も相手に心を開き、相手の言葉も受け入れやすい状態です。
「話してみようかな」「相談してみようかな」という気持ちになるため、問題が小さなうちに相談したり、新しいアイデアをだしやすくなります。
こちらの提案や意見や指示も、相手が受け入れやすいため、お互いに気持ちよくコミュニケーションをとり、気持ちよく働く事ができます。

一方、社員同士や、上司部下の間にラポールが築けていない状態だと、お互いに警戒し心を閉ざしているため、自分のことは話したくないし、相手の言葉も否定的に感じます。
「自分が提案をしてもどうせ聞いてもらえない」と、アイデアや提案をしなくなったり、「話しにくいから相談しない」と1人で仕事を抱えてしまったり。上司からすると「指示を聞いてくれない」と感じることもあるでしょう。つまり、コミュニケーションがとりにくい状態です。離職の原因の3分の1は人間関係ですから、同僚や上司、部下との間に、ラポール(信頼関係)ないと、離職につながったり、仕事は円滑にすすまなくなります。

組織内で仕事を円滑に進めるためにはラポールはなくてはならないのです。

 

<a href=”https://www.vecteezy.com/free-vector/business-man”>Business Man Vectors by Vecteezy</a>

 

 

 

4.社員同士のラポール(信頼関係)を築く取り組みが、社員の成長につながる


組織内の人間関係にラポールを築くことは、仕事を円滑に進めるだけでなく、社員1人1人の成長にもつながります。

 

この図は、社員の成長を促すために必要な取り組みを、4つの象限に分けて整理した物です。
目に見える部分、目に見えない部分。個人と組織。この4つの象限が複雑にからみあって人は成長してきいきます。

社員の成長を後押ししたいと思ったときに、右側、社員個人のスキル(It)を伸ばす研修をしたり、社内制度(Its)を整えたりと、目に見える取り組みをすることは大切です。しかし、左側下にある、社員間にラポールを形成する取り組み(We)をすることも、社員の成長につながるのです。

左下にある、社内間・上司部下のラポールの取り組みをすると、自然に左上の個人の成長にも影響を及ぼします。

なぜなら私たちは、共に働くメンバーとの関わりの中で成長するからです。
共に働くメンバーから肯定的なフィードバックをもらう事でやる気がでたり、メンバーから信頼されることで、責任感が芽生えたり、信頼する人の一言で昇進を決めたりするのです。
ラポール(信頼関係)がある職場で働く事は、社員個人のやる気を引き出し、成長を後押しするのです。

つまり、社員間のラポール(信頼関係)を築く取り組みをすることは、社員個人の成長を後押しすることにつながるのです。

 

 

 

5.社員同士のラポール(信頼関係)を築く取り組みの紹介


では、社員同士のラポールを築く取り組みをご紹介してきましょう。

心の壁をなくそう!オンライン社内イベント「スクラム会議室」

スクラム会議室は、社員同士のラポールを築き、社員個人の成長を後押ししできるプログラムです。

【こんな企業にお勧めです】
・出社メンバーと在宅メンバー同時に行ないたい
・研修よりも手間が少ないほうがいい
・社内イベントのように社員に楽しんでほしい
・社員同士のラポールを築きたい
・社員個人の成長を後押ししたい
・短い時間で行ないたい
・チームビルディングをしたい
・福利厚生の社員旅行の代わりを探している
・テレワークのコミュニケーション不足を解消したい

スクラム会議室では「仕事の為にトランプゲームをしながら本音で語る」ということを通して、社員同士のラポールを築きます。

また、語る内容は、社員個人の成長につながるものに設定されています。

テレワークが進み、オフィスに出社している人と、在宅の人が、一緒に参加できるワークを探している企業も多いのではないでしょうか。

テレワークのコミュニケーション不足を解消したい。社員同士のラポールを形成したいけど。研修ほど時間はとれないけど、せっかく社内イベントをするなるなら、社員の成長につながるものにしたい。そんな企業の皆様に好評頂いています。

詳しくはこちらをご覧下さい

 

 

 

今、世界は急速に変化し、個々の価値観もワークスタイルも多様化してきています。
これからの変化の時代に必要なのは、世界の多様な視点に対応できて、変化を受け入れることができる人材。つまり、多様な視点と、意欲を持った人材です。

しかし、誰もが最初から多様な視点や意欲を持っているわけではありません。
人は、少しずつ成長しながら、組織を支える一員になっていくのです。

そのために、企業は、全ての社員が安心して「成長しながら働ける」環境を整えたいと願っているのではないでしょうか。

ラポール(信頼関係)を築くことで、社員個人の成長をサポートする。
本日は、目に見えない部分の取り組みを進めるプログラムを、ご紹介しました。

興味のある方は、下記までお問い合わせください。

▼スクラム会議室【お問い合わせ】
キャリアトランプ 認定校 ラポール校
運営:株式会社ラポール
TEL: 048-682-0066(月~金 9時‐18時)
Email: contact@human-v.co.jp

 

スクラム会議室を運営している株式会社ラポールは、企業の健康経営をサポートしている会社です。
「あいだ」を繋げ、安心の場をつくり、社員の成長をサポートすることで「人間らしい暖かみのある人生」を送ってもらいたい。そうやって企業の健康経営のサポートをしています。

▶ラポールの研修に興味がある方は

>【会社の福利厚生】テレワークのストレス  個人の存在を認め合う「雑談」が必要!

>【コロナ禍の懸念】ゴールデン明けは注意! 新入社員の離職を防ぐ工夫

>心の壁をなくそう!オンライン社内イベント「スクラム会議室」

>テレワークの新たな課題「同僚との対話」を解決!

お気軽にお問い合わせください。


【お問い合わせ】
キャリアトランプ 認定校 ラポール校
運営:株式会社ラポール
TEL: 048-682-0066(月~金 9時‐18時)
Email: contact@human-v.co.jp

written by ラポール校ラポール校
前のページに戻る

ARCHIVE

contact

お問合せ

お問合せ・ご相談など、お気軽にご連絡ください。

052-439-6337