【メディア掲載】中部経済新聞|認知症予防支援者を育成

お問合せ
講座申し込み

2021.07.12

  • お知らせ

【メディア掲載】中部経済新聞|認知症予防支援者を育成

2021年7月10日 中部経済新聞に掲載いただきました。

対話サポーター養成講座

以下、記事を掲載させていただきます。


キャリアコンサルタント育成のライフスタイル・ウーマンは、高齢者の認知症予防を支援する「対話サポーター養成講」を開始した。

ワークブックを用いた独自プログラムで、認知症予防に適した対話方法などを教える。1年間で300人ほどのサポーターを育成する目標を掲げている。

認知症の予防方法として、過去の出来事を思い出す「回想法」が有効とされている。同社は、過去に関する質問項目を書いた専門のワークブック(渡辺クリニック院長の渡辺正樹氏著「もくもくワクワク人生日記」)や、カードを用いて高齢者と対話を重ね、過去を回想する認知症予防法を提唱している。

今回開講した対話サポーター養成講座では、この方法を用いて高齢者の認知症予防を支援するサポーターを育成する。

講座の受講で高齢者に寄り添った回想対話スキルや認知症予防の知識をつけられる。対象は高齢者施設などに勤務している人や、シニア向けのキャリアコンサルタント、企業の人事担当者ら。

受講料は税込み1万6500円(今年12月までの限定価格、ワークブックなどの教材費込み)講座の定員は20名だ。オンラインで行う。(一部文章割愛)

吉居社長は「新型コロナウイルス感染拡大で家族と面会できず、認知症が進んでしまう高齢者が増えている。また、介護施設では外出自粛で、室内でのレクリエーションを探している。対話サポーターを育成し、高齢者の方々に楽しく認知症予防をしてもらえれば」と話した



▼対話サポーター養成講座はこちらから!

対話でもっと!人生に感動を!
≫対話サポーター養成講座はこちら

written by 本部本部
前のページに戻る

ARCHIVE

contact

お問合せ

お問合せ・ご相談など、お気軽にご連絡ください。

052-439-6337