【認定開始】認知症予防トレーナー

お問合せ
講座申し込み

2021.04.21

  • お知らせ
  • 高齢者支援 / キャリアトランプ資格認定講座

【認定開始】認知症予防トレーナー

2021年4月より、認知症予防トレーナーの認定がスタート致しました。

Q.認知症予防トレーナーとは?
シニア支援に大切な「対話」スキル、「回想」「終活」の知識を持つスペシャリストです。

Q.認知症予防トレーナーの認定を受けるには?
下記の3講座をご受講頂き、認定手続きを行うと「認知症予防トレーナー」認定を受けることが出来ます。
・対話サポーター養成講座(旧:ワクワク人生日記の先生になる講座)
・キャリアトランプ®回想支援ファシリテーター資格認定講座
・キャリアトランプ®終活支援ファシリテーター資格認定講座

※認定手続きにつきましては、近日中にメンバーズシステムへ掲載予定です。

【対話サポーター養成講座(2021年6月~)】

渡辺医師×キャリアトランプ®の「もくもくワクワク人生日記」を対話を通して、パワーアップして使えるようになる講座です。
この講座では、「対話のスキル」を学びます。
※受講料に「もくもくワクワク人生日記」一冊が含まれます。

≫詳細・お申込みはこちら

【もくもくワクワク人生日記を使った支援者の声】

●たしかに脳トレ
これまでも思い出をよく話す母でして、私の方も(回想するのが脳に良いと知っていたので)意識して話をしてもらうようにしていました。ですが、それはどうしても話に偏りがあり、母が気に入っている、よく覚えている話が何度もくり返されていました。

その点、日記はお題(質問)が決まっているので、母自身があらたに「思い出す」作業をしなければならず、それが脳トレになっている気がします。結果、もちろんこれまで聞いたことのない話も出てきます。

●関わりのパワフルさ
今は、母がまず一人でお題について書く→その後シートを見ながら私が話を掘り下げるという順番でやっています。一番感じるのは「関わり」のパワフルさです。関わりも2往復までだと「そんなことまで覚えてないわ」とめんどくさがって思い出そうとしないことが多いのですが、そこでもう少し粘って3往復、4往復と関わると、どんどん思い出し始めます。その後は「そうそう!」「あ!」とまた違うエピソードを思い出したり、話の枝葉が広がってきます。日記を書き終えた後でも、どんどん違う話を思い出して話をしてきます。年齢的に記憶を呼ぶ起こす”エンジン”がかかるのが遅いのですね、きっと。でもエンジンがかかったら、出てくるスピードや量は若者と遜色ない、いえ量からすると多い(笑)ような気さえします。

●しあわせな人生だった
それに母は終わって日記を片付ける時、「これまで幸せな人生やったってことやね〜」と独り言を言います。しかも、毎回!(私はやってみた感想を聴くとか、何か言うとかしていないのに!)私自身も毎日どんな話が聞けるのか、楽しみです。

●母がいなくなっても
今は子供時代の話ばかり(母的に一番幸せな時代だったみたいなので)ですが、青春時代や結婚前の時代の話なんかも聞いてみたいと思っています。私は一人っ子で、しかもかなりのママっ子です(笑)将来、母がいなくなった後も私自身の宝物になると思います。それと同時に、去年亡くなった父とやりたかったなあ、と思っています。父は大正15年(昭和元年)生まれ。あの年代の人ですから普段からあれやこれや話をする人ではありませんでした。

●この日記があれば
父にとっては晩年、私は、父自身の人生を知りたいと思って意識して話をするようにしてきました。色々聞き出そうとしたのですが父はあまり自分のことを話したがらなかった(というか覚えていない?)のです。でもきっとこの日記があれば、父の人生をもっと知ることができ、それによって父のことをより理解できたに違いない、と思います。

●こんなふうに母とむきあっていたら
知り合いの方に、現在週に2~3回関わらせていただいておりますが、とても楽しくお話になり、日記もよく書いてくださっています。人に歴史ありで、いつも感動を頂いています。ほんま人生あるあるですね。こんな風に母と向き合うことが出来ていたらどんなに良かったかと思います。良い時間を過ごさせていただいております。ありがとうございます。

written by 本部本部
前のページに戻る

ARCHIVE

contact

お問合せ

お問合せ・ご相談など、お気軽にご連絡ください。

052-439-6337